カテゴリ:カフェ(高知)( 10 )

tao 7th Anniversary(高知・香南市 道-タオ)

a0118869_8541048.gif

すっかり日にちが経ってしまったけど今回で四国旅行のカフェは全て終了。最後はこちらで締め括り。

愛媛のブエナビスタのオーナーさんに「ここへ行ったら面白いと思いますよ」とオススメされて、初めて知った「道」さん。ちょうど7周年の節目もあってイベントを毎週行っており、自分の行った時はBBQパーティーが開かれていた。カフェはしてないけれど面白そうで前日に電話したら快く受け入れてくれた。

お店は築200年も経つ古民家、隣りは「おっこう屋」という雑貨屋(古道具?)もあり、面白い造り。
中に入ると女性が一人赤ちゃんをあやしていて、話しをすると奥の裏庭スペースに案内してくれた。すでにメンバーが楽しくやっている最中で、神戸から来たことに驚きつつも笑顔で迎え入れてくれる。

肉や豚汁、魚に地元のお総菜。様々な料理に舌鼓。特に地元のお総菜は滅多に食べられるものでは無かったので嬉しかった。食感も良かったなぁ。手作りケーキやその場で作るスモークチーズやスモークチキン、どれもどれもおいしくて、話しもどんどん盛り上がる。口笛名人のおじさんから竹笛をプレゼントされ、ウグイスの鳴き方を教えてもらう、ぶきっちょながら鳴らし終えると拍手して褒めてくれた。

知らない土地で知らない人達とこうやって笑い合って交流できることは楽しく嬉しい。
新鮮で刺激に溢れている。ここに住んでいる人達の懐の広さに感激しつつ、ありがたいなぁと感謝する。
ものすごい旅の醍醐味みたいなものを味わらせてもらった。

そんなこんなわいわいしていると近所の青年さんが結婚報告にやってきて、その場で人前結婚みたいな形になっていた。おっこう屋のおじさんが即席で挨拶などもして、それがまたびっくりするぐらい上手くて流れるような名調子。話しも面白くて盛り上がった。
最後の集合写真には見ず知らずの自分も中に入れてもらう。嬉しかったなぁ。でも後で新郎さんとか不思議に思うんだろうなぁ 笑

結局4時間ぐらい一緒になって笑い合って、今回の旅行で一番の思い出になった。
今思い返しても笑みがこぼれて、一緒にいた人達に感謝の気持ちが出てくる。

あ~、本当に良い時間だった!道さん、BBQでお会いした皆さん楽しい時間をありがとうございました!!


道(tao)

住所:高知県香南市赤岡町448-1
営業時間:12:00~17:00
[PR]
by gussann0000 | 2009-10-12 19:39 | カフェ(高知)

高知夜カフェ(高知・高知市 夜間食堂 Cat tail)

調べて行くと何カ所か夜カフェがあるようだったので気になる方へ。階段を上った先にあるお店。トントンと上がっていく感覚は何だか神戸のちょっとしたカフェに入る雰囲気に似ているなぁなんて思う。
a0118869_7135736.jpg
中は十数席ほど、入ってすぐにキッチンが見え、店員さんが「いらっしゃいませ」と歓迎してくれる。奥の席に座らせてもらい落ち着く。奥から窓側を見る風景は中々に素敵。
a0118869_714530.jpg
この日は少し前にご飯を食べていたこともあって申し訳ないけれどご飯はパスで。ジュースとデザートを。もう何回もいろんな所で頼んだゆずジュース、どこで頂いても美味しいなぁ。バテバテの時にこの爽やかな酸味が助かるわぁ。
a0118869_7141295.jpg
バニラアイスとクッキー。アイスをパテのようにしてクッキーの上にのせ頂く。クッキーに少し塩がのっているのか良い塩梅。うん、満足。
a0118869_7141969.jpg
自分よりも前に着ていたお客さんはずっとノートを開いて何か熱心に書き込み続けている。一体何を書いてはるんやろう。勉強?妄想?いろんな事を考えてしまい何だかずっと見てしまう。他のお客さんがいなくて良かった 笑
川西のhyggeさんも良くノートにいろんなことを書き込んでいるとか。きっとあんな風な姿なのかもなぁ。
a0118869_7142532.jpg
一息ついてあとは本をのんびり読む。その後トイレに行きたくなって場所を聞いたら上だったんだけど狭いながらも一フロアがトイレになっていたことに驚いた。一フロアといってもトイレ数が多い訳でもなく一つのみ、空間を大分大きくとっているなぁと半ば呆れるぐらいの気持ち。こういうのもちょっと面白いなぁ、話題に出来るなぁと楽しく思った。


夜間食堂 Cat tail
住所:高知市帯屋町1-12-1 大原ビル2F
Tel:088-823-8001
営業時間:17:00~24:00
定休日:日曜日
[PR]
by gussann0000 | 2009-10-12 07:16 | カフェ(高知)

休み万歳(高知・高知市 sumica)

今回の旅行では大型連休ということで行きたかった何軒かのお店は臨時休業し、「なんだ~」と思ったけども、このお店は普段平日しか開いておらず今回は臨時営業という形に。それを知った時は「おっしゃー」と思う。現金やわぁ 笑
a0118869_16394044.jpg
カフェスペースはお客さんがすでにしっかり詰まっていてどうしようかなと考えていたら「もしよければ奥に座られますか?」と特別に場所を作ってもらいそこに案内される。座ると目の前には使い込まれた文具達。。。年季の入った道具はどうしてか綺麗と思わずにはいられない。見ていてほんとグッとくるや。
a0118869_16395170.jpg
コーヒーにこだわりがあると言う事でコーヒーを注文。メニューを見ているとフェアトレードと関連しているみたい。じょじょにではあるけれどフェアトレードの商品はいろんな所で見かけるようになってきたと思う。まだまだ少ないけれど着実に。思うに発展途上国に対するフェアトレードは聞くけれど日本国内の地方農家などに対するものというのはあったりするんだろうか。分からないけれど、少しでも安くという今の流れで値上げすることも難しく採算が厳しい所もあるんじゃないだろうか。地産地消の声が出る中で少しでも農家に恩恵がある形が生まれ、これからの農業が明るくなっていって欲しいなぁと書いてふと思う。
a0118869_1640075.jpg
一息ついた所でカフェスペースに置いてある古道具を見させてもらう。どれも綺麗で使い込まれた感じがしている。持って帰るにはでかい気がし、眺めるだけだったけれども、それだけでも十分に楽しませてもらった。自分の座っていた方ではお店の人が作っている手作りはんこの展示販売をしていた。このイラストがまた可愛らしく、形がすごい良かった。
a0118869_16402559.jpg
一度しか、またちょっとの時間しかいなかったけれどもこのお店はカフェというよりも雑貨な空気を自分では感じた。雑貨がメインでサブでカフェがあるような。。。短い時間しかいなかったので勘違いしているかもしれないけれど、お店の人が作られたはんこや綺麗に置かれた古道具達を見ているとそんなことを思う。
a0118869_16403534.jpg
しばらくはここに来ることは難しいけれど、少ない時間で濃い体験を得ることが出来た。
とてもありがたい貴重な時間。


sumica

住所:高知県高知市洞ケ島町1-21
Tel:050-1077-5633
営業時間:11:00~16:00
定休日:土曜・日曜・祝日
[PR]
by gussann0000 | 2009-10-10 05:58 | カフェ(高知)

おぉ、これが噂の・・・(高知・高知市 1188)

高知にも日本茶を専門とするお店があるということで遊びにいくことに。器も置いてある所から横浜のteonさんに似ている。でも中は全然違い、無駄がないものすごいスッキリとしてシンプル。これだけシンプルだと何かを飾るのが難しそう。
a0118869_14332661.jpg
2階がカフェで3階がギャラリーでまずはお茶ということでカフェの方へ。お昼時ではあったけれど何とか座れて良かった。メニューを見てみると十数種類のお茶の数々、「ほ~」とうなずきながら見ていると何と『碁石茶』の文字が。「これがあの!」と興奮。
地方番茶として有名で、発酵をさせているので漬物のような酸味と香りがあるとか・・・これを逃したら他のお店では飲めないと思い注文。
a0118869_1433469.jpg
写真で見たように茶葉が固まっていてペタペタ。中国の餅茶みたい。お湯を注いで少し待ち、時間が来た所で器にお茶を。う~ん噂に違わぬ漬物の匂い、飲んでみると確かにすっぱい。個人的にはとても難しい飲み物。今は閉められているけどuraniwa cafeで初めて頂いたラプサンスーチョンを飲んだ時と同じぐらいの衝撃。
a0118869_14335943.jpg
お店にあった本を読みながらそれからも碁石茶を頂く。お湯で飲んでいたけど冷たい場合だとどうなんだろうと一度淹れてからしばらく放置し、少し冷めた状態で飲んでみる。中途半端なぬるさだとかえって美味しくない。キンキンに冷やしたらもうちょっと美味しいと思えるかも。しかしこれだけ漬物のような匂いがするとなると茶粥などに使ったら案外良いんじゃないかなぁと思う。
a0118869_14341290.jpg
後で調べてみると2リットルに対して茶葉2gを入れ、抽出するのがやり方みたい。とするとここで頂いたのはあきらかに濃い状態の様な・・・茶器を使う場合はサッと通すぐらいが良いのかもしれないなぁ。それにしても貴重な体験、ここに来なければきっと味わえなかったんじゃないかと思う。高知に来て良かったと思う出来事が一つ出来た。
a0118869_14342322.jpg
お茶を満喫したところで3階のギャラリーへ、小さめの器の企画中だったらしく小ぶりの器がおかれている。神戸や京都でも見る作家さんがいたり、全く知らない作家さんがいたり。最近は大村剛という作家さんが作る陶器がお気に入り。伝統というよりは現代的なものに感じる。色使いがとても好き。面白い作品がたくさん見れて、とても良かった。

2階のカフェで家族連れでご飯を食べていたけれど、そこのおばあちゃんの笑顔が何ともステキだった。年をとったらあんな笑顔を自分も出せるようになりたい。


お茶とギャラリー1188

住所:高知市稲荷町11-52-8
Tel:088-803-4818
営業時間:11:00~17:00
定休日:年末年始
HP:http://frarin.jugem.jp/?eid=100
[PR]
by gussann0000 | 2009-10-09 22:33 | カフェ(高知)

夜の食堂(高知・高知市 三日月堂)

a0118869_10143983.jpg
本とカフェ・・・この言葉が良いなぁとそう思っただけなんだけどそんな理由で遊びに行ってみる。自転車を借りて走っていったけど遠い遠い、最後に橋を通る時はその坂にうんざりもした。
外はもう夜で真っ暗。地図もおおまかにしか持ってないかなあってるんかなと思いながら探していたら川沿いにお店があった。
看板に描かれているキャラクターが好き。シンプルでどこか愛らしい。どう良いんだろうと最近は考えるようにしているけれど言葉足らずでもやもやとしてしまう。ふ~む。
a0118869_10144920.jpg
中ではお客さんが何名か入っており、賑やかに語らいながら楽しんでいる。自分はそんな空気にあてられながら少し楽しくなりながら席へ。
a0118869_1015520.jpg
本と銘打つこともあってかいろんな場所に本が置かれている、小説と料理本が自分には目についた。それよりもおぉと嬉しくなったのは高知で見つけた面白そうなフリーペーパーが過去のものから全部揃っていたこと。思わず2年分ぐらいどさっと借りて席で楽しませてもらう。旅行雑誌に載っている大きな情報も大切だと思うけど、こういう地方冊子に載っている小さな情報は知らないことが多くあり、得るものが多い。
a0118869_10145754.jpg
涼しくなってきたけれど自転車で走ってきたこともあり、ゆずのシャーベットを頂く。ゆずがお気に入りだからか、それとも高知が名産だからか・・・気持ちの良い美味しさだったなぁ。甘すぎることなくサラッとして感じる味わいが好き。夏場の暑い季節に頼んだらさらに美味しく感じるんかなぁ。

少し深くなった夜に外からみるとぼんやり光る灯り。中を覗くと賑やかなお客の笑顔と働く2人の夫婦。本も見れるけど本も生まれそうな光景。


三日月堂

住所:高知市新田町1-3
Tel/Fax:088-832-3456
営業時間:11:30-16:00/18:00-21:00(L.O.)
定休日:日曜日
HP:http://lunacrescente.jugem.jp/?pid=1
[PR]
by gussann0000 | 2009-10-09 12:55 | カフェ(高知)

田園とおばちゃん達(高知・南国市 kuksat)

8時頃から電車に揺られてちょっと遠くまで・・・最寄の駅からのんびり30分ぐらい歩いて到着する住宅地の中にあるお店。といっても住宅地の周りはこれでもかというぐらい綺麗な水田と畑達・・・よく見るとアメンボやらトンボやらちっちゃな虫達やら。。命が溢れているなぁ。
a0118869_15115164.jpg
少し早く到着したのでしばらく周りを散歩して時間を見計らって再度お店へ、中へと入れてもらう。縦に長い空間でカウンターが広いなというのがまず頭に残る。お店にはおばちゃん達が4~5人、エプロンと三角巾をつけてお昼のランチの準備をせっせとしている。何だかカフェというより知り合いの家にお呼ばれされた気分。
a0118869_15115733.jpg
カフェオレにレモンの皮を入れたロマーネなる面白そうなものがあったので注文。見た目はとてもおしゃれ、でも味は気分じゃないなぁ。フレーバーコーヒーの感覚だとは思うけどレモンとコーヒーの組み合わせって自分の中ではなんか違う感覚。面白い体験だった。
a0118869_1512430.jpg
お客さんが続々と入ってきてじょじょに活気も溢れてくる。賑やかなのも楽しいねぇ。お店にあった本を読んでいたけど日本一周しながら写真の個展をしている人の本がとても面白かった。四国旅行の際、他のお店でも見たけど何かあるんかな?ブエナビスタのオーナーさんを本の中で発見。何だか嬉しい。
a0118869_1512966.jpg
お店で働くおばちゃん達テキパキと働きながらも口もテキパキと働いている 笑
こんなちょっとしたことが目新しく感じ、良いなぁと思ったり。
a0118869_15121518.jpg
この日は曇り。
空には厚い雲、地上には鏡のように水が張られた水田。
色合いというかなんというか、物語の風景を覗かせてもらっているみたい。


cafe KUKSAT 
住所:高知県南国市岡豊町吉田160-1
Tel:088-863-1567
営業時間:11:00~16:00/18:00~21:00
定休日:木曜日・金曜日
※土曜日・日曜日は夜のみCLOSE
HP:http://www5c.biglobe.ne.jp/~penpals/KUKSAT/
[PR]
by gussann0000 | 2009-10-08 22:56 | カフェ(高知)

朝ごはんのサンドイッチ(高知・高知市 Decembre)

7days hotelから歩いて数分、目と鼻の先と感じるぐらい。高知についてホテルに行く道中で初めて見て、思わず「面白いなぁ」と足を止めてしばらくお店を眺めていた。こういう造りをしたお店というのは他にも見た記憶はあるけれど、このお店はその中で何だか奥行きが深いように見える。
a0118869_16372954.jpg
中は木のテーブルが4つ、4人が座れる少し大きめのもの。壁の白と合わさって柔らかい、北欧というか何だろう・・・ヨーロッパの白い町並みのような雰囲気。入って真正面にキッチンがあり、お店の人が動いている姿をずっと見ていられるのが印象に残った。
a0118869_16373858.jpg
朝から何種類ものサンドイッチを選べるのが嬉しい。自分は無難なBLTサンドを頼む。しばらくするとパンの焼ける良い匂いが・・・他のお客さんも「おいしそうだねぇ」とワクワクしながら話していた。具がどっしりとしていて朝からがっつり食べているなと体中で感じる。たくさんあるので食べていくと少し具がはみ出してきたりするけどご愛嬌 笑
a0118869_16374719.jpg
横の通路を通って奥に行くとruskという雑貨屋がある。神戸から出店していると聞いていたけどどこだっけか?名前には覚えがあるんだけど・・・こういうのはgakさんが知っているからなぁ。疎い自分には無理だ。
a0118869_16375534.jpg
一息ついてお店に置いてある本を読み、しばらくしてちょっとトイレへ。そこにあった鏡の小さいこと小さいこと。これは使いづらいと思ったけれど全体としてみると綺麗に空間に収まっていて良いなぁと思う。これならちょっとしか写らないよねと自分の写真なんかをパチリ。面白いねぇ。
a0118869_1638438.jpg
古いアンティーク雑貨などもお店で販売していて見させてもらう。大人っぽいものが多く、一人旅の貧乏旅行を共にするにはちょっと繊細だなと思い今回は断念。車で来ていたりしたら買ったかもしれないなぁ、惜しかった。

次来るときはスープも一緒に頂たいもんだ。寒い時にあったまりながらここで食事したら幸せなんだろうなぁ。
あ~癒された。


Decembre

住所:高知市はりまや町3-5-16 ROCOビル1F
Tel:088-803-7002
営業時間:8:30~18:00
定休日:火曜日
HP:http://www.decembre12.com/
[PR]
by gussann0000 | 2009-10-07 22:15 | カフェ(高知)

いつか作りたい空間(高知・高知市 terzo tempo)

今年の1月から出来た新しいカフェ。神戸で探している限りではそんなに情報が集まられなかったけれどいざ着いてみると本当に良かったと思えた場所だった。
カフェと本と音楽。。。心地良い静けさ、日常と非日常の間にいるような、ちょうど日の入りの時間帯で夕日が静かに沈んでいく様が何だかノスタルジックな雰囲気を作り上げていたのかもしれない。
a0118869_12403374.jpg
テーブルではすでに来ていた人たちが思い思いに本を読みふけっている。自分もそれにならいカウンター席に座って飲み物を頼み、面白そうな本を手に取る。しばらく本を熟読。頭の中がからっぽになる様。本を読んでいる時は考えているようで実はあまり考えてないことが多い。右から左じゃないけれど頭の中に文が入っては出ていき、その中の一部が終わったあとに残っているという感じ。無心に近い状態なのかもしれない、終わった後のすっきりとした感じが好きだから今も本が好きなんだと思う。
a0118869_12404392.jpg
しばらくして本が終わり、棚にあるCDを覗く。店内に流れる音楽が気になりお店の人に聞いてみると1枚のCDを出してくれいろいろと説明してくれた。その時は初めて知ったと思っていたけど後でその人の他のCDを聞いていたら昔に一度ぐらい出会ったものだったかもと思い出す。何だか申し訳ない感じ。
a0118869_124055100.jpg
ゆるいゆるい気分、時間を忘れてしまうような空気。自分が作りたいなぁと思っていた世界にものすごく近い。ここで体験したことを忘れずに心の中に残していきたい。
a0118869_1241454.jpg
レトロとはまた違うノスタルジックな空間。。。


terzo tempo

住所:高知市桜井町2-5-30
Tel:080-6559-2013
営業時間:9:00~19:00
定休日:水曜日
HP:http://terzotempo.jugem.jp/
[PR]
by gussann0000 | 2009-10-07 12:41 | カフェ(高知)

贅沢な朝ごはん(高知・高知市 tuche)

高知で見つけた「CAFE・ZAKKA2009」を片手にお店に向かう。7days hotelからはかなり近く便利だなぁと思う。ただちょっと分かりづらい所もあり、しばらくお店近くでいったりきたりを繰り替えてしてしまった。
a0118869_1339297.jpg
お店を見つけてほっと一息、雨よけ(屋根)の色合いなどがレトロっぽくてカワイイと思ってしまう。柵に巻きついている蔓も多すぎるわけでなくオシャレにまとまっている。
a0118869_13391238.jpg
中に入るとオープンからちょっとしか経っていないのにすでにお客さんがいた。お店の人と近しい人なのか、自分が座ってしばらく来ないとなるとわざわざ声をかけてくれる。
お店の人にいくつかあるモーニングメニューの中から一つ選びしばらくのんびり。
a0118869_13392231.jpg
先に来ていたお客さんは子どもさん2人の4人で和気藹々と楽しく過ごしている。ものすごいアットホーム、あったかい空気を頂いている気持ち。繋がりが全くないけれど思わず「ありがとう」と言いたくなるぐらい、心の中でこっそりありがとう。
a0118869_13393970.jpg
良い匂いが漂ってきた所でモーニングが到着。2種類のパンと野菜などなど。卵のココットってなんて美味いんだろう。ココット自体を今回初めて食べたけどあれは良いなぁ、後で調べてみたらいろんな応用にも効くみたい。何だか気になる料理やなぁ。ヨーグルトは最初に何もいれておらずジャムで甘みを補う形、朝はさっぱり目が嬉しい。お腹いっぱいの朝ごはんだ。
a0118869_13394868.jpg
自分がご飯を食べている間にも他のお客さんがやってきてご飯を食べていたり、先に来ていた家族の分のモーニングがやってくると子ども達が「キャー」と大きすぎないけれど歓声をあげる。そんなやりとりを見ているだけでもこちらは何だか心和む。

あったかい家族、何だかご馳走様です。


Tuche

住所:高知県高知市南はりまや町1-10-1 1F
Tel:088-884-5250
営業時間:11:30~22:00
定休日:火曜日
[PR]
by gussann0000 | 2009-10-06 18:51 | カフェ(高知)

森ガールがいそう(高知・高知市 miette)

a0118869_17223371.jpg
マカロンが美味しい所とは聞いていたけれど実際どうなのかなぁと思いながらお店の中へ。テーブル席が3つととても小さな世界、お菓子のお持ち帰りをメインにしているのかな?
どこに座ろうかなと考えたけれどお店の人に近い方が何か面白いかなと思い奥の方へ。
a0118869_17224030.jpg
入り口入ってすぐの所にはケーキなどを置くショーケースがでんと置いてあり、美味しそうなケーキ達が陳列されている。焼き菓子などの常温で問題ないものはレジ側の方へ、ラックの置かれ方を含めて見える姿が良いなぁと思う。
a0118869_17224679.jpg
写真は入り口側のテーブル席、窓を覗いていると外の景色が一つの絵のように見えてくるよう。こんな切り取った風景というのは日常から離れた感じがして面白い。
a0118869_17232797.jpg
目当てのマカロンとゆずペリエを堪能。マカロンは10種類ぐらいあってどれにしようかとうろうろと迷ってしまう結局酸味があるベリー系を選択。パクッと食べて旨味を感じる。マカロンって見た目ふわっとしているからいつも食べた瞬間の食感に違和感を感じてしまう。歯にはりつく感じってあれが普通なのかな?ゆずペリエは自分でも作りたいと思う飲み物だった。ペリエにゆずのエキス?を好きな量注ぎ込んで楽しむやりかただけどものすごい応用が効きそう。cabaretでも似たようなものがあったっけ。
a0118869_17233227.jpg
最近ネットや雑誌でチラホラ見かける「森ガール」とか好きそうな世界やね。
そんな中、男性一人でふらっと訪れた時、お店の人ってどんなこと思ってはるんやろう?興味先行で行動するから行くときにそんなこと考えないけれどしばらくして思い返すとそんなこと思ったり。でも結局楽しかったからいっかと締めくくってしまうなぁ。


miette

住所:高知県高知市洞ケ島町3-2
Tel:088-823-7277
営業時間:11:00~17:30
定休日:水曜・第1第3火曜
[PR]
by gussann0000 | 2009-10-05 19:40 | カフェ(高知)