京都古道具巡り(尾杉商店・こっとう画餠洞・konguri)

ネットで何か面白い所ないかな~と事前に探していたら尾杉商店という所が面白そうということが分かり遊びに行ってきました。
最初はお店の通りを思い切りスルーしてしまい、確認するのに一苦労・・・周りにカフェや雑貨があるなか静かに佇んでいるから分からなかった。。。自転車に乗っていたから余計に目に入らなかったのかも。歩いてしっかり見ていけば問題なく見つかると思います。
a0118869_2221482.jpg

窓にディスプレイされていたうさぎのお香置きが可愛かったけど25000円・・・無理です。
他にもかなり値の張るものがたくさんありましたが、修理品コーナーなどがありそちらは~1000円ぐらいとかなりお手軽に買うことが出来ます。自分の懐具合を考えるとどうしてもそちらしか見れない訳で・・・

店主さんがひとつひとつ丁寧に教えてくれるのでそれを聞きながら自分の気に入ったものを探していく。
散々迷ったあげく杯と漆の塗られた取り皿を購入。ガラスの良いのもあったんだけど欲望のままに買ったら破産しちゃうわ(笑)
個人的には漆ものが安くて面白いものが多いかなと思う。また漆ものが欲しくなったこよっと。


a0118869_22251077.jpg

こちらkonguriさん自転車で走ったら偶然発見したお店。古い家に真っ赤なカーテン?がとても鮮やかで格好良くそれが印象に残りました。
中に入ると品よくいろんなものがディスプレイされており、ギャラリーのよう。
商品を手に取り見ていくけどどれもちょっと高い。自分ではとても手の出る範囲のものが無かった。
あまり見たことがない商品がいくつかあったのでそちらをチラチラ見させてもらい帰りました。
う~ん、奥の畳みでお茶が飲むことが出来たらなぁ。商品眺めて至福な気分に浸れるんだけど(笑)


a0118869_2228227.jpg

konguriさんの近くにあるお店、こっとう画餠洞(わひんどう)。漢字は最初見ただけじゃ分からなかった。
「ひん」はいけるかもしれないけど「わ」はなぁ。
中に入ると商品が左右に綺麗に配置されていてとても見やすい。高い商品と安い商品が近くに配置されているのでちゃんと手に取って値段を確認しなくちゃなと思った。
500~3000円ぐらいが主で、奥に行くと万単位のものが並ぶ感じ。同じ商品でも傷有りのものもいくつかあり、そちらはぐっと値が下がっている。傷といっても普段使いにはなんか問題がない世界なのでこちらとしてはむしろありがたい限り。
そんな傷ものばかり見ていた自分・・・ほがらかに喋っていたけど貧乏なお客さんでごめんなさいね。

一番良かったのは漆の色具合を確かめる為に使われていたパレット。小さめの木板に何十というパターンの漆が塗られており、一つの絵画のようでした。欲しい~と思ったけどお値段3万弱・・・難しい。聞いても納得するだけのものがあるんだけど買うまでには至らず。。。何かの奇跡で5000円以下だったら買いたかったなぁ。

後半2つのお店の近くには北野天満宮があり、会話をしていると天神さんの話しもちらほら。。。
久々に天神さんに行きたくなってきた・・・今月は無理だけど来月は土曜日だから行ってみようかな。今月もよくよく考えてみれば弘法さんと四天王寺市には行けるなぁ。どっちか遊びにいってみようかな。
[PR]
by gussann0000 | 2009-03-07 22:41 | 雑貨・古道具


<< 羊と染め物(京都・松尾 嬉染居) 綾小路きみまろな和尚さん(京都... >>